不動産名義変更の種類

不動産名義変更の手続き

不動産名義変更の種類には大きく分けて「相続」・「贈与」・「財産分与」の3つがあります。どの名義変更手続きも、司法書士事務所などの専門家に相談するのが安心です。

メインイメージ

不動産名義変更の種類

不動産の名義変更は、日常ではあまり関係のないことと思われがちです。

しかし、突然の身内の死であったり、やむなく離婚する上で必要となることもありますので、ある程度の基礎知識を身に付けておくのも良いでしょう。

その種類には、大きく分けて「相続」・「贈与」・「財産分与」の3つがあります。

まず「相続」による不動産名義変更は、不動産を所有している身内が亡くなった時に、誰がその不動産を引き継ぐかを決定して管轄の法務省に申請を行います。

次に「贈与」による不動産の名義変更は、親から子、または夫婦間などで不動産を無償で与えるときに行うものです。

そして「財産分与」による不動産名義変更は、離婚をした際に夫婦間の共有の財産である不動産の名義を変更するときに行います。

どの名義変更手続きも必要書類が多く、手順が煩雑であったり、期間を要したり、ときには多額の税金がかかってくる場合もあります。

細かいアドバイスを受けるためにも、司法書士事務所などの専門家に相談するのが安心です。

現在では、インターネットで無料相談を受けてくれる司法書士事務所も数多くあります。

もしも、不動産の名義変更が必要になった時には、賢く利用していきたいものです。

Copyright (C) www.burrusjournal.org. All Rights Reserved.

不動産名義変更の手続き