財産分与による不動産名義変更

不動産名義変更の手続き

一般的に夫婦間には不動産を含む共有の財産がありますが、離婚をする場合には、それを協議の上に分与することになります。財産分与は、離婚後であっても2年以内ならば請求することが出来ます。

メインイメージ

財産分与による不動産名義変更

一般的に夫婦間には不動産を含む共有の財産がありますが、離婚をする場合には、それを協議の上に分与することになります。

夫名義の不動産を妻に分与する際などには、不動産の名義変更が必要です。

この場合、分与された側ではなく、分与した側に譲渡所得税と住民税がかかるのです。

しかし、それが居住用不動産である場合は、譲渡所得税には3,000万円までの控除があります。

その他に、登録免許税という税金も不動産評価額の2%かかるので法務局に納付します。

また、住宅ローンの残債がある際には、通常は金融機関に無断で不動産の名義変更することは出来ません。

無断で名義変更すると契約違反になる恐れがあるので、名義変更する前に金融機関の審査や承諾が必要となってきます。

その際に住宅ローンを組み直す必要が出てくる場合もありますので、要注意です。

残債がある場合に不動産を第三者へ売却することで住宅ローンを一括返済する方法もありますが、必ずしも売却価格がローン残債を上回るとは限らず、住居を失うリスクもあります。

離婚という精神的に大変負担のかかるときではありますが、その後の人生に大きく関わることでもあるので、慎重に協議の上、最善の決定をするべきです。

財産分与は、離婚後であっても2年以内ならば請求することが出来ます。

Copyright (C) www.burrusjournal.org. All Rights Reserved.

不動産名義変更の手続き