贈与による不動産名義変更をするときの注意点

不動産名義変更の手続き

贈与により不動産の名義変更を行うときには、高額な贈与税や不動産取得税、登録免許税がかかる場合があります。一方で税負担を軽減できる制度もあるので、よく確認の上利用しましょう。

メインイメージ

贈与による不動産名義変更をするときの注意点

親から子へ不動産を無償で与えるときなどには、簡単に「どうぞ」「ありがとう」と言う訳にはいきません。

不動産を贈与するには名義変更の手続きが必要となってきます。

そして不動産の贈与をするにも『タダ』と言う訳にはいかないのです。

場合によっては、高額な贈与税がかかるので要注意です。

しかし、税負担を軽減する方法もいくつかあります。

親や子の年齢の条件を満たしている場合は、親から子へ贈与する時でも相続時精算課税制度を利用することが可能となります。

この制度は、2,500万円まで非課税となるので上手に利用するべきです(ただし、親の死亡時に相続したときは贈与財産に対しての相続税がかかります)。

また夫婦間で不動産を贈与する場合も、婚姻年数などの一定の条件を満たしていれば2,110万円まで非課税となります。

これを知らずに贈与を行って、実は1年後に贈与していれば非課税だった...なんてことがないように注意しましょう。

その他にも贈与される側に不動産取得税(標準税率は4%、平成24年3月31日までは特例により3%)や、登録免許税(贈与の場合は固定資産税評価額の2%)もかかることがあります。

不動産の名義変更をするときには、事前に制度や税金面をよく確認をした上で贈与を行うことが賢明です。

Copyright (C) www.burrusjournal.org. All Rights Reserved.

不動産名義変更の手続き